2018
05.23

経営理念について。ミッション、ビジョン、バリュー、それぞれの違い

BLOG

大学院を卒業後、初めての会社に就職しそこに4年、そこから5年がたとうとしている。

いろんな事業を進めていくにつれ、それぞれ柱となる考え、指針が必要だと感じだした。

なんとなくの思い付きで始めたものでも、継続し広げていくためには、人との関わりが絶対的に出てくる。そんな時に、経営理念というのは自分達のことを知ってもらう上で必要なツールと言えるだろう。

まずは、ミッション(mission)、ビジョン(vision)、バリュー(value)それぞれの定義についてまとめていきます。

ミッション、ビジョン、バリューそれぞれの定義

ミッション(mission)

使命、目的、役割、存在意義などのと一般的に言われますが、もっとかみ砕くと企業が誰(社会)に対してどんな価値を提供するのか?どんな貢献をするのか?というのを明文化したものになります。

ビジョン(vision)

目標、夢、志、方向性など、ミッションを前提に自分たちの企業が将来こういうしていくんだというのを明確にしたものです。

ビジョンはより具体的に「地域で一番売り上げるパン屋になる」「売上6億を突破し上場企業を目指す」など、中期的な目標のともいえるでしょう。

バリュー(value)

価値観、あり方、姿勢といったことになります。ミッションという使命をもとに、ビジョンという目標を立て、そこに向かって行動するための判断基準がバリューになります。

バリューとは判断基準となる考え方(価値観)であり、それに伴って会社によっては、「行動指針」「信条」「クレド」「社是」「社訓」といった言葉で掲げられたりしている場合もあります。

各概念の関係性


「社会」と「組織」、「WILL(結果)」と「MUST(プロセス)」という2つの軸で4つの領域(マトリクス)に分けて考えた際、ミッション、ビジョン、バリューがそれぞれこのような位置に入ります。

「実現したいこと」=「社会」×「WILL」 (社会に対してこうしたいという目的)
「なりたい姿」 =「組織」×「WILL」   (組織としてこうなりたいという状態)
「あるべき姿」 =「組織」×「MUST」  (組織としてこうあるべきという姿勢)
「やるべきこと」=「社会」×「MUST」 (社会に対してやらなければならない活動)
引用元:https://www.enterinnovation.co.jp

このように考えると各言葉の意味が分かりやすいかもしれませんね。

ミッションと事業内容については社会(外部)となっていますが、例えばこれが内部だった場合「自分たちが幸せになるために頑張る」というミッションだった場合、それは外から見たらなんて横暴だととらえられかねません。

1人でやっているうちはいいですが、人を巻き込み大義を成そうとする場合は、是非考えてみてください。

もしも桃太郎がミッション,理念,ビジョン,バリューを説明したら」という面白い記事もあったので、こちらも併せてご紹介します。

有名企業のミッション・ビジョンなど

いろんな企業のミッション、ビジョン、バリューをご紹介します。これらを考える場合の参考にしてみて下さい。

イオン

ミッション

お客様を原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する。

ビジョン

企業理念のもと、絶えず革新し続ける企業集団として、「お客さま第一」を実践してまいります。

https://www.aeon.info/company/rinen/

セブン&アイHLDGS

キャッチコピー

あたらしい今日がある

https://www.7andi.com/newmsg/index.html

社是

私たちは、お客様に信頼される、誠実な企業でありたい。
私たちは、取引先、株主、地域社会に信頼される、誠実な企業でありたい。
私たちは、社員に信頼される、誠実な企業でありたい。

https://www.7andi.com/csr/policy/guidelines.html

ドン・キホーテHLDGS

ミッション(企業原理)

「顧客最優先主義」

ビジョン(経営理念)

第一条 高い志とモラルに裏づけられた、無私で真正直な商売に徹する
第二条 いつの時代も、ワクワク・ドキドキする、驚安商品がある買い場を構築する
第三条 現場に大胆な権限委譲をはかり、常に適材適所を見直す
第四条 変化対応と創造的破壊を是とし、安定志向と予定調和を排する
第五条 果敢な挑戦の手を緩めず、かつ現実を直視した速やかな撤退を恐れない
第六条 浮利を追わず、中核となる得意事業をとことん突き詰める

https://www.donki-hd.co.jp/corp/hd/philosophy.php

良品計画

「良品」ビジョン

「良品」には、
あらかじめ用意された正解はない。
しかし、自ら問いかければ、
無限の可能性が見えてくる。

企業理念

良品価値の探求Quest Value
「良品」の新たな価値と魅力を生活者の視点で探求し、提供していく。
成長の良循環Positive Spiral
「良品」の公正で透明な事業活動を通じ、グローバルな成長と発展に挑戦していく。
最良のパートナーシップBest Partnership
仲間を尊重し、取引先との信頼を深め、「良品」の豊かな世界を拡げていく。

行動基準

1.カスタマー・レスポンスの徹底
2.地球大の発想と行動
3.地域コミュニティーと共に栄える
4.誠実で、しかも正直であれ
5.全てにコミュニケーションを

https://ryohin-keikaku.jp/corporate/philosophy/

スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)

企業理念

世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

経営理念

いい人をつくる

事業理念

つながる人を増やす

https://www.starttoday.jp/about/philosophy/

 
コメントは利用できません