2018
06.30

MacBook Proが熱い…ファンが回り続けるので、内部を掃除してみました

BLOG

いろんなソフトを起動しながら作業していると、どうしてもMacBook Proが発熱しソフトが落ちてしまう現象が続きました。SMCリセット等も試してみましたが、なかなかうまくいきません…。

最初は熱のせいだとは思わず、ソフトのバグなのかなーと思っていましたが、ためしにMacBook Proの下に保冷剤を置いてみたところ、落ちにくくなりました。(それでも稀に落ちるんですよね…)

熱の他にも、落ちる要因はあると思いますが1つずつクリアしていきたいと思います。
今回は、MacBook Proを内部を掃除していきたいと思います。

MacBook Pro(Air)裏蓋のネジを外す

自分が使っているMacbook Proのカバーを開けるにあたり、ドライバーを購入しました。
というのも、Apple製品などは特殊なネジ穴をしているので、それにあったドライバーを用意する必要があります。今回購入したドライバーセットはいろんなサイズのものがセットになっているもので、iphoneなどのネジも使えるものもありました。
対応するドライバーを購入するのもいいですが、こういったセットのもを1つ買っておくと何かと便利だと思いますよ。

対応するドライバーについては、macbook背面に型番などが書かれているのでそれで調べると出てくると思います。

注意:何かあってもAppleの保証対象外になる可能性があるので、自己責任でお願いします。

今回は星形の「1.2」のやつを使いました。
サイズが違うものを使うとネジ穴が潰れてしまう場合があるので、気を付けてください。

ネジ穴がつぶれてしまったら?

もし潰れてしまったら、輪ゴムなんかをかませると回るときがあるので試してみてください。

MacBookの中をきれいにしていこう

思ったより埃少なかったです。ファンが回り続けるのでものすごい量の埃がたまってるのかと思ってました…。

埃の除去にはエアーダスターを使います。
水ぶきなどはもってのほかですが、なるべく静電気が起きないようにエアーで埃を飛ばしていきます。

この時注意していただきたいのが、こういった缶タイプのエアダスターから噴射されるのは圧縮された高圧ガスになるので、火気厳禁で。
また、逆さまでの使用や連続使用で缶が冷たくなってしまった場合、中の液体も一緒に噴出されることがあり危険が伴います。
ずっと押し続けるのではなく、ッシュッシュとこまめに埃を飛ばしていくといいと思います。

蓋(カバー)もきれいに

内部がきれいなったら、蓋(カバー)も綺麗にしていきましょう。
こちらも思ったより汚れていました..。
自分はこの日手元になかったので、コンビニでもらったお手拭きでやっちゃいましたが、除菌シートなどで拭くときれいになりますよ!

元に戻していきます

少しまだ細かい埃が残ってますが、かなりきれいになりました。
これで、少しはましになってくれるといいのですが。

macの内部も綺麗にしたので、今度はデータや使ってないソフトなどを整理していきたいと思います..。

何年もMacBookを使っている方がいたら試してみてください。

今回使った道具など

 
コメントは利用できません