buy 2019.02.25

こんにちは。ナオヤ(@tsubota708)です。

先日、Leica/ライカ D-LUX3についての記事を書きましたが、新たなサブ機としてFUJIFILM XF10を買ってみたので、基本的なスペックと、さっと使ってみての感想を書きたいと思います。

サブ機を選ぶにあたって検討した内容からまずは、まとめていきたいと思います。

FUJIFILM XF10を選んだ理由

今回選んだFUJIFILM XF10ですが、十分メインとして使っていけるポテンシャルはあると思います。
ただ、自分はフルサイズ機をメインで使ってるということもあり、そこまでの性能は求めず携帯性、性能、値段」を重視していろいろ比較してみました。

また、「iphoneのカメラでいいじゃん」とならない様、パワー不足を感じないというのも1つのポイントですね。

比較をするのに、いつもお世話になっているのは価格.comさんです。

まずは、比較をするにあたって条件を絞っていきます。

①携帯性を重視しようということで、「デジタルカメラ」
②性能としては、画質、センサーサイズを「2000~3000万画素」「A-PSC」
③値段の「安い順」でソート

こんな感じで条件を絞っていくと12機まで絞られてきました。

価格.com 2019/03/01スクショ

SIGMA dpシリーズの他、CANON PowerShot G1 X Mark IIIFUJIFILM X100FRICOH GR IIIも比較候補になってきます。

もともとは、FUJIFILM X100F、RICOH GR IIIのどちらかにしようと思ってました。
RICOH GR IIIは手振れ補正やISOも102400まであったりと、かなり高スペックですよね。
FUJIFILM XF10は12800までですね…かなりの差があります。

今回、性能と言ってもISOやシャッター速度、連射速度、手振れ補正などの、条件はあまり重要視はしないようにしました。
ISOに関しては、そこまで上げて撮影しないだろうということ。ただ、手振れ補正に関してはXF10にほしかった…

FUJIFILM X100F、RICOH GR IIIはどちらも10万円近くするカメラになっている。
それに比べ、FUJIFILM XF10はなんと新品でも4万円代、中古になると3万円代のものまである。
値段が倍違うというのは、かなりの差ではないでしょうか。

見た目で選ぶならFUJIFILM X100F、性能ならRICOH GR IIIを選んでいただろう。

ただ、そこまで性能に固執しているわけではないので、お手頃な価格のFUJIFILM XF10を選ぶことにした。

FUJIFILM XF10

外観

基本スペック

発売日 2018年 8月23日
画素数 2424万画素
撮像素子 APS-C
焦点距離 28 mm:単焦点
F値 F2.8
ISO 200~12800
Bluetooth/Wi-Fi 対応
動画撮影 3840×2160(4K) 15fps
サイズ 幅112.5mm 高さ112.5mm 奥行41mm
重量 241.2g ※本体のみ

これだけ見ても、ずば抜けて高いものや、かといって低すぎるということはないといった感じですね。

デジタルテレコンはありますが、基本的にRAWで撮影するのでそもそも使えなかったり、動画撮影に関しては4Kで撮影できますが15fpsしか撮影できないようになっていたり、少し物足りなさはあります。

使ってみての感想

ぼけがいい感じ

良い被写体がなかったので、近くに合った炭酸水とコップを撮影してみたんですがF2.8とF10で撮影してみました。F2.8で撮影してみたところ、背景もボケ過ぎずいい感じに撮れそうですね。

iPhoneは焦点距離が28mmと同じ焦点距離ですが、XF10の方がセンサーが大きいので背景が綺麗にボケてくれます

画質、質感がいい

試しに、α99撮って見ました。

ミラーレスカメラなどと同じ大型センサーのAPS-Cサイズのセンサーが搭載、かつ有効画素数 2424万画素あるということもあり、ピントさえ合っていればある程度拡大しても綺麗に撮影で来ていると思います。

いつも使ってるハサミもとってみたんですが、サビ感も自分好みに撮れてると思います。

アプリを使って写真をスマホへ

フジフィルムさんから公式で出ている、アプリが対応しているのでインストールしておくとXF10で撮影した写真を、さっとスマホへ転送してくれます。

これが何気に便利で、SNSへの投稿などもこれで気軽にできるようになります。

※Bluetooth接続はどもうまくつながりません…
他の方の記事でもうまくいかないという内容あるので、Wi-Fi接続で使いましょう。

AFが遅い

不満点にはなってしまいますが、使っていてAF(オートフォーカス)が遅いと感じました…。
なかなか撮りたいものにピントを合わせてくれません。

設定の問題かもしれませんが、なかなかシャッターを押せないことも。

持ちにくい

左の写真の様にグリップを持とうとすると、どうしても手首を曲げて使わなくてはならなくなる。

まっすぐカメラを持とうとすると右の写真の様につまむように持つしかなくなるので、どうしてもブレが気になる。

手振れ補正がないのがここにきて気になってきました…。

ただ、ここでグリップを厚くしようとすると、コンパクト性がなくなってしまうという、一長一短な感じですね。これは代償として考えましょう。

まとめ

まだ、これから使って行く感じですがXF10買ってみて良かったと思います。

外出の際は持ち歩くようにして、いろいろ撮影していきたいと思います。
シャッター回数増やさないと。

人によって、カメラに求める条件が違うと思います。
自分なりの条件を考え、お気に入りの1機を見つけてくださいね。

Web制作会社MODALITY代表、地域メディア「フクブロ」代表、ブランドYUSHIデザイナー他、いろいろしながら生きてます。 感性に響いたも、日常の出来事、自分の考えなどをまとめたいと思います。

Comments are closed.