ネット通販の大手サイトアマゾンは、商品の価格がころころ変わるのが特徴です。

欲しい品物を安い日に購入できればお得ですが、安い日かどうかを値動きからチェックするのは大変なもの。毎日ずっと同じ商品を調べ、価格の変動を見なければいけません。これだけの手間がかかるなら「高くても買ってしまえ」「多少の損は仕方がない」と諦めてしまうこともありますよね。

実は、chromeとfirefoxには、アマゾンでのお得な買い物を手助けしてくれるうれしい拡張機能があるのです。その名も「Keepa」。アマゾンでよく買い物をする人は「使わないと損!」とまで言われるブラウザの拡張機能です。

ブラウザ拡張機能の「Keepa」の2つのお得な魅力を解説します。アマゾンユーザーは今日からさっそく使ってみてください!

拡張機能「Keepa」を使ってお得にアマゾンで買い物しよう!2つの魅力

Keepaはchromeやfirefoxの拡張機能です。Edgeなどにも対応しています。スマートフォンで使いたい人のためのweb版なども提供されている機能です。Keepaは、ブラウザを便利に使う拡張機能ではなく、「アマゾンで徹底的にお得に買い物したい人のための機能」に特化しています。Keepaを使えば、安く・お得に・タイミングよく 買い物ができてしまうのです!

買い物上手のアマゾンユーザーがこっそり使っている拡張機能Keepaの2つの魅力を解説します。魅力を知れば、Keepaの基本的な機能についても知っていただけることでしょう。

1.アマゾンの商品ページで値動きが見られるようになる(グラフ機能)

2.欲しい商品が目標価格になったら通知してくれる(トラッキング機能)

Keepaは2つの機能に特化しているので、シンプルな点も魅力かもしれません。

価格の推移が一発でわかるKeepaのグラフ機能

Keepa商品トラッキング画面

拡張機能であるKeepaを入れることで、アマゾンの商品ページで価格推移のグラフを見ることができます。

グラフの表示は、今日1日から1週間、1カ月、3カ月、1年など自由に期間を変えることが可能。グラフを見るだけで、どの商品がどんな値動きをしているか一発で丸わかりです。値動きから「最近、高いな。そのうち下がりそう」という株価のような予想もできてしまいます。

なお、価格以外にも売れ筋ランキングの変遷などをチェックすることもできるのです。

amaoznの後悔している「ほりいものリスト」から一括で登録することもできます。

買いたい価格まで下がったら通知!Keepaのトラッキング機能

拡張機能であるKeepaは、さらなるお役立ち機能を持っています。「指定した価格まで値下がりしたら教えてくれる」のです。

Keepaは、設定した価格まで商品価格が下がったら、TwitterやFacebook、メール、Messengerなどに「下がりましたよ!」とお知らせしてくれます。つまり「この価格で買いたい」という場合に、狙い目を見逃さずに済むということ。

アマゾンの高額商品は、日によって数千円ほどの価格差が出ていることも珍しくありません。物によっては1万円以上の価格差が出るため、Keepaを上手く利用すれば、普通にアマゾンで買い物するより何倍もお得に買い物できてしまうのです!

石鹸やシャンプーなどの日用品をまとめ買いするときは、ちょっとした値動きでかなり損得がわかれます。Keepaを賢く使った日用品のまとめ買いもおすすめです。せどりなどでも役立つ機能になります。

拡張機能「Keepa」を使ってみよう!導入方法は?

Keepaを使いたい場合は、どのように導入したらいいのでしょう。

導入は、とてもカンタンです。5分あれば、すぐにKeepaが使えるようになりますよ。Chromeを例に、Keepaの導入方法を見てみましょう。

1.chromeのwebストアにアクセスして「Keepa」を検索

2.ボタンを押してKeepaを追加

3.chromeに追加が済めばボタンが「追加済み」に変化

これでOKです。

1回追加すればOKなので、こえだけでずっとchromeでKeepaが使えますよ。

アマゾンでの買い物がさらにお得に!keepaを賢く使いこなそう

アマゾンはネット通販の大手なので、多くの人が利用しているはず。しかし、値動きが激しいため「買って失敗した!」ということも少なくないはず。

Keepaを使えば過去の価格推移から値段が高めかどうか判断できますし、自分の買いたい価格のときに通知してもらえます。アマゾンで買い物するなら、Keepaをお得に賢く活用してしまいましょう。

Web制作会社MODALITY代表、地域メディア「フクブロ」代表、ブランドYUSHIデザイナー他、いろいろしながら生きてます。 感性に響いたも、日常の出来事、自分の考えなどをまとめたいと思います。

Comments are closed.