定期預金金利の高い金融機関ベスト3|定期預金金利0.01%の時代に頑張っている金融機関

バブル時代は、定期預金をすると金利8%はざらでした。100万円預けると、8万円もの金利が付いていたのです。1千万円預けると80万円ですから、金利だけでひと稼ぎできていました。

しかし、バブルが弾け、平成の不況にリーマンショック。果てはマイナス金利です。今や、銀行で預金をしても、金利0.01%や0.1%、0.001%という数字ばかりです。ボーナスをまとめて定期預金して金利がついても、ATMの時間外手数料が1回発生すれば即座にマイナスです。世知辛い世の中になりました。

そんな世知辛い世の中にあっても、定期預金の金利をできるだけ高くして頑張っている金融機関を紹介します。

夏のボーナスは、定期預金金利の高い金融機関に口座開設して預けてみてはいかが?

金利の高い定期預金や金融機関を利用するメリット

定期預金の魅力は、何と言っても引き出しがカンタンなところ。生活の中でポンと預けて、必要になったらすぐに引き出せる。これが定期預金の最大の魅力ではないでしょうか。

外貨や株は運用によって高いリターンを狙えますが、いざという時のための資金プール先には向いていません。生活資金をプールするなら、やはり定番の定期預金。

生活に欠かすことのできない定期預金だからこそ、金利が高めの金融機関に預けることにメリットがあります。金利が高めの金融機関の定期預金を利用することで、100円、200円と、ちょっとずつ金利分が多めに蓄積されていくからです。

定期預金の金利が高い日本の金融機関ベスト3

金利に0と1なかり目立つ時代に、頑張って高めの金利を提供している日本の金融機関があります。日本の金融機関の中で特に金利が高い金融機関を「定期預金の金利」という観点からセレクトしました。

なお、この情報は2019年5月15日時点の情報です。今後、サービス内容が変わる可能性があることをご留意ください。

それでは、行ってみましょう。

定期預金の金利ベスト3の金融機関はこちら!

1位|定期預金の金利が0.4%のSBJ銀行

日本国内で活動する金融機関でおそらくこれだけの定期預金金利を誇っている金融機関はほとんどないはず。そんな定期預金金利3%超えの金融機関である「SBJ銀行」。定期預金金利は、0.3%超えとなっています。

たくさんの金融機関で0や1ばかり見かける中、3という数字が登場しただけでちょっとだけテンションが上がりますね。

SBJ銀行とは?定期預金金利は0.35%~0.4%

SBJ銀行は、韓国の大手銀行の日本拠点としてスタート。金融庁から許可を受けている外資系銀行の中では3本指に入る銀行として知られます。日本国内だけで投資をしている人には耳馴染みのない名前かもしれませんが、韓国とニューヨークの証券取引所に上場しているため、海外投資や海外に興味のある人にはお馴染みの銀行かもしれません。

SBJ銀行は2009年に開業し、全国展開。預金業務を主とした銀行です。預金はもちろん預金保険制度(銀行に何かあった時に1千万円+破綻日までの利息を保護)の対象になりますので、ご安心ください。

SBJ銀行の定期預金金利は、0.35%~0.4%。日本国内の金融機関の中では、ダントツに近い定期預金金利を誇っています。海外が関わるからこそできる定期預金金利ですね。

100万円上限定期預金「ミリオくん2」(2年もの定期預金) 金利0.4%
100万円上限定期預金「ミリオくん」(1年もの定期預金) 金利0.35%
スーパー定期預金・大口定期預金(3年もの) 金利0.35%
提供先 : SBJ銀行(2019年5月15日時点)

2位|定期預金の金利が0.3%の豊田信用金庫

定期預金金利0.3%代は、探せばいくつか見つかるもの。

ネットバンクの代表格「住信SBIネット銀行」でも定期預金金利0.3%を発見しました。ただし、住信SBIネット銀行の定期預金3%はキャンペーン金利。2019年5月15日の段階では、受付を終了しています。残念。

しかしながら、住信SBIネット銀行は、今まで色々なキャンペーンを開催しています。今後もキャンペーン金利で定期預金の募集を行う可能性があるため、たまに情報をチェックしてみてはいかがでしょう。

しずおか信用金庫でも0.3%の定期預金キャンペーンを開催していましたが、2019年5月15日の段階では終了しています。

ただし、しずおか信用金庫では2019年4月1日より、金利0.25%で定期預金の募集をスタートしています。期間は9月末まで。定期預金の金利平均の面で見ると、0.25%もお得な方ではないでしょうか。

プレミアム定期預金(1年もの) 金利0.25%
募集期間 平成31年4月1日~9月30日(ただし途中で締め切る可能性あり)
提供先 : しずしんインターネット支店(2019年5月15日時点)

豊田信用金庫のインターネット支店は定期預金金利0.3%!

豊田信用金庫は、定期預金の金利を0.3%に設定しています。ここまでご紹介してきた金利0.3%の金融機関は軒並みキャンペーン終了状態でしたが、豊田信用金庫は2019年5月15日現在でもまだ申し込みが間に合います。

豊田信用金庫の0.3%定期預金の受付期間は2019年9月末まで。預け入れは50万円からになります。

とよしん ほのぼの 定期預金(6カ月もの、1年もの) 金利0.3%
募集期間 平成31年4月1日~9月30日(ただし途中で締め切る可能性あり)
提供先 : とよしんインターネット支店(2019年5月15日時点)

3位|香川銀行 超金利トッピング定期預金は金利0.27%

香川銀行セルフうどん支店の定期預金は、金利0.27%。3%には届きませんが、現状の金利を考えると、なかなかの高金利です。

セルフうどん支店は全国どこにいてもネットさえあれば口座開設や取引ができるため、「近くに良い金利の金融機関がない」という人にもおススメの銀行です。

超金利トッピング定期預金(1年もの) 金利0.27%
1年の自動継続で今のところ締め切りなし
個人のみで、10万円~100万円までという条件あり
提供先 : 香川銀行 セルフうどん支店(2019年5月15日時点)

香川銀行のセルフうどん支店の定期預金には、他にも面白いものがあります。その名も、宝くじトッピング定期預金。金利は0.01%と低めですが、金利を犠牲にする代わりに宝くじがついてきます。当たりを出せば、超金利トッピング定期預金よりお得になることは言うまでもありません。

この他に、100万円までという制限のない定期預金もあります。こちらの定期預金は、預入年数によって金利0.2%~0.22%が適用されます。

香川銀行のセルフうどん支店は、全体的にお得な定期預金を提供している金融機関なのです。

定期預金の金利が高い日本の金融機関ベスト3|番外編

金融機関の定期預金を調査していると、金利の高さでよく名前の挙がる信用金庫がありました。「大阪信用金庫」です。大阪信用金庫の定期預金の金利は、何と0.37%でした。日本国内の金融機関として見れば、トップクラスの金利でした。

しかし、大阪信用金庫は2019年4月1日に、大幅に定期預金金利を下げています。下げた後の定期預金の金利は0.2%。半分近く下げられた計算です。ちょっと・・・かなり残念ですが、0.2%も都市銀行に比べると高めの定期預金金利になっていますので、利用してみるのもいいかも。

金利の高い定期預金を狙う場合は信用金庫に注目を

定期預金の金利を高めに設定している金融機関の名前を見て、何か気づくところはないでしょうか。「信用金庫が多いかも」という印象を持ちませんでしたか。

預金というと、「とりあえず銀行」と考えがちですが、預金はJAや信用金庫、労働金庫などでも扱っています。中でも注目したいのは信用金庫。信用金庫によって金利やサービスには差があるのは当然ですが・・・盲点とでも申しますか、信用金庫の金利は、銀行よりお得なことがままあるのです。

定期預金をする時は、銀行と銀行を比較するのではなく、地域の銀行プラス信用金庫で比較する。こちらの方が、より金利やサービス(懸賞付きだったり)が優秀な定期預金を見つけやすいのです。カードローンなどの各種ローンも同じです。「金庫」と名のつく金融機関も、ぜひ比較対象に入れてみてください。

定期預金の金利差0.2%のお得さの差はけっこう大きい|受け取り金利試算

日本の現在の景気では、0.3%の定期預金金利でもかなり高いという状態です。バブル時代に金利で稼いでいた人は「たったこれだけか」と思うかもしれません。確かにその通りなのですが・・・バブル時代と比較せず今を見据えると、この0.3%は金融機関の中でも際立つと思いませんか。

0.1%と0.3%の差は大きい

都市銀行などを中心に、定期預金の平均金利は0.1%もざらという時代です。0.1%の定期預金に10万円預けると、金利分は100円。税金で約20%引かれるので、手元に残るのは80円です。金利0.3%の場合は、金利分が300円。税金で約20%引かれれば、240円になります。

80円と240円の差はけっこう大きいと思いませんか。80円は安売りのペットボトル飲料を1本買えるかどうか。240円なら、余裕で2本は買えてしまいます。0.1%と0.3%の差は意外と大きいことが分かるのではないでしょうか。

最後に

お得さは、日々のちょっとした積み重ねから。「都市銀行に預けておけばいいだろう」「近くの地銀でいいや」ではなく、自分からお得さの積み重ねを狙って行くことが重要です。夏のボーナスを1つの区切りとして、金利の良い金融機関にメインバンクを移してみてはいかがでしょう。

Web制作会社MODALITY代表、地域メディア「フクブロ」代表、ブランドYUSHIデザイナー他、いろいろしながら生きてます。 感性に響いたも、日常の出来事、自分の考えなどをまとめたいと思います。

Comments are closed.