【カメラ買い替え】フルサイズではなくA-PSCを選んだ理由

「普段使いできるそこそこいいカメラが欲しい」

そんな思いで買い替えを決意。

 

フルサイズからA-PSCへの買い替えまでに至った思考をまとめていきたいと思いますので、参考までにみてもらえたらと思います。

*フルサイズとA-PSCの違いについては別途記事を書きたいと思っています。

買い替えの経緯

メイン機として使っているのはSONY α99 SLT-A99Vですが、2014年に購入して早7年目。写真の色合いも好みで、使いやすく愛用していたのですが、どうしてもボディ+レンズで大きくなってしまい、なかなか持ち歩くことができていませんでした。
「写真を撮ろう!」と気合を入れないと持ち運べないと言った感じです…。

2019年には、普段使いできるカメラがほしいということで、サブ機でつかっていたFUJIFILM XF10を購入しました。
しばらく使ってみてコンパクトな点とコンデジなのにA-PSCということでかなり満足していました。(大体今のカメラだと付いていますが、Wi-Fiでスマホに飛ばせる機能がすごい便利)
ただ、ちょっといい感じに撮りたいと思ったときにどうしても思ったように撮れずヤキモキするシチュエーションが増えてきました。

関連記事|FUJIFILM XF10をレビュー、4万円代で買えるAPS-Cコンパクトデジカメ

また、2020年11月にはiPhone 12 Pro Max を購入。カメラかと言われれば、はなはな疑問ではありますが”普段使いできるカメラ”としてはかなり優秀ですよね。動画性能もかなり高いと思います。しかし、こちらもしばらく使っていてボケ感と透明感が気に入らずこれまたヤキモキしていました。

 

結局どのカメラを使ってみてもなかなか自分のライフスタイルに合ったものがなかなか見つからず、カメラ難民と化していました。

フルサイズからA-PSCへ

元々フルサイズを使っていたので、次買うカメラも最新のフルサイズを買おうと思っていました。候補としてはsony α7Ⅲかα7cが上がっていました。

*使い勝手的に他メーカーへ移行するのが、どうしても億劫になってしまってsonyの中で選んでます。

いろいろ調べていくうちに、自分が使うにはフルサイズはオーバースペックなのではないかと思い始めました。

まずは、自分が欲しいカメラの条件を考えて書き出ししてみました。

  • 一番大事なのは普段持ち歩けるかどうか
  • 価格はなるべく抑えたい
  • 動画も撮ってみたいので4K撮影ができるもの

大枠はこんな感じです。

例えば、暗所での撮影が多い人や過酷な環境下での撮影がしたい場合はフルサイズ一択になってしまいますが、自分の場合は自然光での撮影、また印刷する予定もないのでそこまでの解像感もいらないかなと言った感じです。

これからカメラを触る人はまずはフルサイズを買ってみるのがいいかもしれませんね。

こんなことを書くとフルサイズ買えばいいじゃん!となりそうですが、以下の2点がA-PSC機を買うポイントになりました。

  • 軽量・コンパクトで優れた機動力
  • システムをリーズナブルに構築可能

やはりこの2点、現在はボディ+レンズをポーチに入れて持ち運べるほどコンパクトに。また希望のセットをフルサイズ機で揃えようと思うと40万、A-PSC機だと20万で揃えることができました。

自分に合ったカメラを見つけるには

今回いろんなカメラとレンズを比較するにあたり、「価格.com」さんをよく使いました。

気になるものはスペックなどをエクセルにまとめたり、価格とスペックを比べてコスパ表なんかも作ってみました。

また、近くにカメラ屋(様々なメーカーのものが手に取れるお店)がある方は実際に足を運んで、手にとって比べてみてください。グリップ感やシャッター音などは実際触れてみないと分からないですよね。

田舎だとどうしてもそう言った場がなく、買って試すしかなかったりします…。レンタルして試すのも1つですが。

 

まずは自分が撮りたいシチュエーションや予算などを考えてみてください。

また、選ぶ要素の大事なのが1つに、見た目も入ってくると思います。かっこいい!かわいい!カメラは毎日持ち歩きたくなりますし、愛着が湧きますよね。

最後は自分の感性を信じ、買って使ってみてください!そこから見えてくることもあると思いますよ。